老人ホームは快適な住まい

老人ホームでは、様々な職業の人が働いています。そういった職業の紹介、その職業に就くための方法を紹介します。

Hot Entry
老人ホームは快適な住まい

老人ホームで働いている職業の紹介

老人ホームは快適な住まい
高齢者の方が入居されている老人ホーム。その種類は、完全に生活の場を施設に移す特別養護老人ホームや、一時的に入居するショートステイ、更には、日中、その事業所に通うデイサービスなど様々ですが、そこで働いている人の職種と言うものは、ある程度、決まっています。大まかにそれを分類すると、介護の面で入居者を支える職種と、医療面で入居者を支える職種になります。

まず、介護の面に関して言えば、資格がなくてもこの仕事に就くことが可能と言う施設も多くあります。それだけ人手が不足しているからです。しかし、やはり何かしらの資格を持っていた方が、介護を受ける人は勿論のこと、働く人自身にとっても良いと言えます。介護の職種、その第一歩と言われているのが介護初任者研修、ヘルパー2級の資格です。これは、所定の研修を受け、最後のテストに合格すれば与えられる資格です。民間の通信教育会社や自治体が講習を行っていることが多く、特別な講座受講資格などもいりませんから、非常に学びやすい講習と言えます。他に、介護の側から高齢者を支える仕事としては、ケアマネージャーや介護福祉士が挙げられますが、こうした職種に就く場合には、試験に合格することは勿論、その試験を受けるための条件があります。介護初任者研修の資格を持っていると、その条件が軽減されると言うこともありますので、こういった面でもこの資格は持っていて損はないと言えます。

次に、医療の面から高齢者を支える仕事としては、医師、看護師、また各種身体機能のリハビリを担うリハビリテーション職、更には歯科医師、歯科衛生士などが挙げられます。こうした仕事はほとんどが国家資格であるため、専門の学校で学び、更に難関試験に合格する必要があります。ですから、取得を目指される場合は、それなりの時間と費用が必要です。しかし、今後、高齢化が進む日本では、介護職ではできない分野の仕事を担うと言う意味でも、介護現場からのニーズも高くなる職種です。

ピックアップ

Copyright 2017 老人ホームは快適な住まい All Rights Reserved.