老人ホームは快適な住まい

自宅で最期を迎えたい人が多い一方、それを叶えるのは難しいです。その中で、老人ホームの果たす役割は大きいです。

Hot Entry
老人ホームは快適な住まい

老人ホーム〜看取りの場としての役割

老人ホームは快適な住まい
老人ホームとは、高齢者が入居する施設のことを意味します。デイケアセンターやショートステイなどの、利用者が施設に通う、区切られた期間だけ施設で生活するというものもあれば、有料老人ホームや特別養護老人ホームのように、完全に生活の場をその施設に移すというものもあります。こうした施設では、たとえ生活の拠点が施設に移ったとしても、その人らしい生活を送ることができるように心がけるということが、非常に重視されています。

自分の人生の最期をどこで迎えたいかと言う問いに対し、実に半数以上の人が『自宅』と答えたという統計が、平成24年度の意識調査では出ています。その次に多かったのは、『病院などの医療施設』でした。しかし、現実では、自宅で最期を迎えるためには、在宅で介護を受けることが大前提としてあり、それには、やはり家族に負担がかかってしまうという点、在宅介護の担い手が不足していると言う現状が立ちはだかります。そのため、在宅から、健康状態の悪化に伴い医療施設に入った人が、そのまま最期を迎えると言うのが少なくないのが現状です。

自宅で、自分らしく、人生の最期を迎えたい。しかし、それを叶えるのは現実としては難しい。それを解消するのが、完全に生活の場を施設に移す老人ホームの存在です。たとえ施設であっても、介護を受けながら、その人らしい生活が送れるように心がける。自宅と変わらない安心感や安らぎ、親しみやすさを心がけることが重視されているのには、その果てには、その人の人生の最期を、その人らしく迎えてもらいたいという理念があるからです。在宅介護の必要性が叫ばれる一方、その実現の難しさがある中で、このような看取りもケアする、重視する老人ホームの重要性は、今後も増加すると思われます。

ピックアップ

Copyright 2017 老人ホームは快適な住まい All Rights Reserved.