老人ホームは快適な住まい

老人ホームの仕事の流れは、食事とトイレ介助を繰り返しているだけに思えるが、色々なことがありやりがいがある。

Hot Entry
老人ホームは快適な住まい

老人ホームの仕事の流れ

老人ホームは快適な住まい
私は大学卒業後、社会人になりずっと老人ホームで働いています。5年間で3つの施設でお世話になりました。施設にはそれぞれの色がありますが、仕事内容的には、どこも流れは一緒です。朝まず起床介助をします。ベットから車椅子にトランスし、寝間着をきている人は普段着に着替えます。ご自分でできない方は介護士が手伝い、入れ歯などを装着し身支度をします。そしてトイレに誘導し、夜間のみオムツをしている人はオムツをはずし、リハビリパンツを履いてもらいます。そして朝食になり、朝食後、トイレ誘導になります。お風呂は大体の方が週に2回入浴します。

昼食を食べトイレ誘導。レクリエーションの時間となり、終了後はおやつになります。オヤツ後またトイレ誘導し夕食。夕食が終わったら就寝介助になります。文字で見ると、ご飯とトイレを繰り返しているだけのように見えますが、やはり介護の仕事は突発的に色々なことがありますし、人を相手に仕事しているので、時間通り仕事をこなすことはなかなか難しいです。しかしやはり、やりがいがあり、楽しい仕事だと私は思います。

ピックアップ

Copyright 2017 老人ホームは快適な住まい All Rights Reserved.