老人ホームは快適な住まい

老人ホームのうち、老人福祉施設の中のデイサービスとショートステイは、介護における様々な面を担っています。

Hot Entry
老人ホームは快適な住まい

老人ホーム〜デイサービスとショートステイについて

老人ホームは快適な住まい
日本の法律上、有料老人ホームと老人福祉施設が老人ホームと呼ばれるものにあたります。この内、老人福祉施設には、老人デイサービスセンターや老人短期入所施設などがあります。このデイサービスと短期入所施設、いわゆるショートステイと呼ばれるものは、他の特別養護老人ホームなどとは異なり、施設に入居、入所しない、もしくはその期間がきわめて短いという特徴を持っています。また、在宅で生活されており、その生活の継続を希望される高齢者の方向けであるのも特徴です。

老人デイサービスセンターは、主には在宅の高齢者に事業所まで通ってきてもらい、そこで、食事をしたり入浴を済ませたりします。また日常生活動作の機能訓練を行ったり、レクリエーションを行うことで、在宅生活を継続させるために必要な機能を向上させたりもします。ほとんどのデイサービスは、朝から夕方ごろまでで、短い所ですと午前中のみという事業所もあります。利用者の自宅から事業所までの送迎を行っているところがほとんどです。家に閉じこもりがちな高齢者にとって、デイサービスの場は社会参加の場でもあり、機能訓練をすることで介護予防の面も担っているため、今後もデイサービスの需要は増すことと思われます。

老人短期入居施設、ショートステイと呼ばれる施設も、普段は在宅で介護を受けている、もしくは支援を受けている人が対象となります。家族が、所用でどうしても遠出しなくてはならなくなった。そのため、介護、支援を一時的に行うことができなくなってしまうと言う場合に、要介護者、要支援者が数日から一週間程度の期間、この施設に入所して介護、支援を受けます。ここでも、基本的な介護、支援は勿論のこと、在宅での生活を持続させるための機能回復訓練などか行われます。このように、デイサービスやショートステイは、比較的自立した高齢者や、在宅での生活を希望される高齢者を支える一方で、高齢者の方の介護や見守りを続けている家族の方の息抜きや、リフレッシュをするタイミングをとる上でも非常に重要な役割を担っています。

ピックアップ

Copyright 2017 老人ホームは快適な住まい All Rights Reserved.