老人ホームは快適な住まい

老人ホームは、昔は画一的なサービスのみでしたが、現代ではそのサービス内容も変化してきています。

Hot Entry
老人ホームは快適な住まい

老人ホームの種類説明とそのサービスの変化について

老人ホームは快適な住まい
老人ホームとは、一般的には高齢者が入居する施設のことを言い、日本では法律に該当するものとしては、有料の老人ホームと老人福祉施設と呼ばれるものがあり、老人福祉施設には、老人デイサービスや短期入所施設、特別養護老人ホームなどがあります。その昔、福祉、介護と言う意識が社会全体に浸透していなかった頃、こういった施設では画一的なサービスが当たり前で、何人もの高齢者が、プライバシーも何もない環境下や大部屋での生活を余儀なくされていました。しかし、時代が変わり、社会全体で介護を支えようと言う現代では、老人ホーム内のサービスも実に様変わりしました。

最も大きな変化は、高齢者が、たとえ自宅を離れ老人ホームで生活をすることになっても、そこに、自宅と同じような生活環境を求め、施設側もそれを再現しようとしている点です。老人ホームの規模にもよりますが、現在では、入居する部屋が個室、もしくは少人数同居の部屋であることは珍しくありませんし、そこに、自分が使用していた家具や、お気に入りのものを持ちこむことも可能になりました。高齢者、特に認知症患者の方は、生活環境が急激に変わることをとても嫌がられ、またそのことが、症状の悪化につながる場合もあります。ですから、たとえ施設であっても、自分らしい、個性とプライバシーのある生活を営むことを施設側が非常に重視するようになりました。

また、介護の中に、機能の維持と言う目的が加わったため、たとえ施設に入り介護を受けていたとしても、可能な限り自立を求めることが可能となりました。自立と言えば、一般的には、物事を自分一人で行えることを意味しますが、この場合は、誰かに援助してもらうことで、その人が、その人らしい判断を下せたり、行動をとることができること、という意味を持ちます。つまり、施設に入ったから、施設のルールに従ってもらうということではなく、あくまでも主役はその人であり、その人の価値観や個性を可能な限り尊重すると言うことです。この結果として、老人ホームのサービスは画一的なものではなく、入居者ひとりひとりに合わせたものを適切に行うという流れへと変化していきました。

Copyright 2017 老人ホームは快適な住まい All Rights Reserved.